ロゴの由来


 

 

 

                財を残すは下

                業を残すは中

                人を残すは上

 

 

という後藤新平氏が残した名言があります。お金だけを残すよりも、事業(企業)を残すよりも、人を残すことの方が大事だという言葉です。「人をのこす会社」とは企業として11年目に入った我々のグループが辿り着いた経営理念です。会社とは社長だけでなく、社員誰もが輝き働くを楽しめる場所を社員自ら作り上げ、その文化を後世に伝えていくもの。例え弊社グループから何かしらの理由で離れることがあったとしてもMIKATAグループ出身のビジネスマンとして、プレーヤーとして、マネージャーとして、役員として、経営者として、

 そして人として。

その人と働けて良かったと言われるそんな「人をのこすグループ企業」として活動し続けます。

 

                         

                         

                               このロゴマークは

 

 

                          誰もがフェアにスタートできる環境

                             人と人をつなぐ架け橋

                             世界へ進出する7大陸

 

                                                              を象徴しています。