BLOGブログ

2022.04.01

3月オフィスのミカタ通信Vol.7を配送しました!

こんにちは!
MIKATAの吉見です。

3月1日にオフィスのミカタ通信Vol.7を配送を開始しました!

今回のオフィスのミカタ通信のテーマは「DX推進にまったなし! 総務人事経理で考える」

半年かけて作成した、本誌が社内に届いたときには

今回、企画テーマを決める際に。社内であらゆる情報を調べました。
バックオフィスで何が起きてるかな・・・
と調べていくと

電子帳簿保存法の改正やインボイス制度の改定
これらの背景に、2025年問題を発端とする国をあげてのDX推進の動きが進んでいて、

バックオフィス業務を支援する企業の動きも、サービスの提供範囲を広げて、新機能のリリースや新サービスの提供開始など、バックオフィス業界全体が活発になっている!

じゃあ、そんな中でどんな企画を届けるのか、

”DX”が世間で叫ばれているなかで、バックオフィスの担当者は何をすればいいのか、そこをわかりやすく提示するのが今号の役目だと

そこで、DX全体の説明を、DXを推進しているデジタル庁に関東
総務・人事・経理の業務でデジタル化を支援している各サービスに取材を行いました。

デジタル庁様の取材では「DXで求められるのは、顧客への価値提供に向けた抜本的な業務改革」という話が、まさに今MIKATAでも取り組んでいることで、バックオフィスが、顧客の価値向上にどう貢献するのか。各社の取材をすすめるなかで、そういった話が多くありました。


※バックオフィスを含めた、社内での勉強会の様子

企業は、顧客に価値を提供する。そこにバックオフィスが貢献していくんだ、ということを考えさせられた今回のオフィスのミカタ通信です。

今回の制作にあたり、ご取材に協力いただいた企業様、制作に携わっていただいた皆様に改めて御礼申し上げます。

次のオフィスのミカタ通信Vol.8は8月末に発行予定です!