EC業界の“今”を可視化する「EC業界相関図2018年度版」リリース ~トレンド企業や新サービスも追加!すぐに連絡できる問い合わせ先情報も掲載~


EC・通販業界特化のメディア・プラットフォーム事業を運営するECのミカタ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:石山龍二)は、「EC業界相関図2018年度版」をリリースしました。こちらは「ECのミカタ」のウェブサイト上からもダウンロードが可能なほか、全国のEC業界イベントでの配布を含め、年間で合計25万部以上を無料配布します。


■EC業界相関図とは

 EC業界相関図は、EC業界に数多く存在するソリューション企業の事業内容を視覚的に分かりやすく表した、業界初のEC業界ソリューションマップです。ECとはインターネットを使った通販などを指します。EC 通販企業様においては、このマーケットの拡大と共に抱える悩みの幅も広がり、それに応えるソリューション企業を求める声が増加しています。EC業界相関図は、そんなEC 通販企業様が多忙を極める中で、わかりやすくソリューション企業の今を伝えるためのコンテンツとして愛用いただいています。

 

■EC業界相関図2018年度版の詳細

 EC業界の拡大とともに、サービスは増加する傾向にあります。それにともない、EC業界相関図でも、毎年カテゴリの見直しを行っています。2018年度版では既存顧客の重要性が増し、「ASPカート」のカテゴリーでは定期購入のカラーミーリピートが登場しました。また、お客様とLINEを使った関係構築が生まれたことで、LINEを活用したカスタマーサポートツールの「CS cloud」などの新たなサービスも見られます。

 

 昨今、日本のECが世界から見ても注目されていることを示す通り、shopifyなど外資系企業もこのマップの中で存在感を増してきました。物流拠点を拡大しコンタクトセンターを強化する天真堂も新しく「フルフィルメント」のカテゴリーに追加され、企業そのものの勢いを感じさせるものにもなっています。

 

 さらに裏面には、今回のEC業界相関図2018年度版の制作にあたり、特にご協力いただいたECソリューション企業様の問い合わせ先情報を掲載しています。これにより表面でカテゴリとロゴを見て、気になる企業があれば、すぐにアクセスできるようになり、EC業界相関図がEC業界に関わる全ての人にとって、より利便性が高く実用的なものになりました。このように、今年度も一層、多くのEC通販企業様に活用していただけるよう、見やすさ、使いやすさを追求しました。

 

■EC業界相関図2018年度版の入手法

 「EC業界相関図2018年度版」をご希望のEC通販企業様は「ECのミカタ」ウェブサイト内のダウンロードページ(https://ecnomikata.com/diagram/)にてメールマガジンへご登録いただくことで、ダウンロードいただけます。

 また、弊社が発行しているEC通販業界に特化した専門誌「ECのミカタ通信」にも、「EC業界相関図」を同封しております。「ECのミカタ通信」は、弊社会員のEC通販企業様への送付や様々なEC業界イベントでの配布を含め、年間で合計25万部以上を無料で配布しています。